合蹠

がっせき 知ってますか?

手のひらを合わせるのが合掌
足の裏を合わせるのが 合蹠(がっせき)なんです

昨日のレッスンでは
ボディポテンシャルで 肩甲骨~肋骨、背骨、股関節の動きを良くしたあとで
(骨格の繋がり、身体の連動を考えると 先にやっておいたほうがヨカです。)
この合蹠のポーズ。
これ、ヨガでは バッダコーナアーサナ って言いますね。

股関節が硬い方ですので まずは
合蹠の状態で 足先を手で包むように持ち
背中の丸め伸びをして頂きました。
丸めるときも、伸ばすときも、スタートは骨盤側(仙骨)
特に 伸ばす時は股関節の動きも意識して 骨盤を立てるイメージで。
今回は時間が無かったので省きましたが、
この後に、腰を回す動きを入れるのもいいですね。
(前回、バランスボールで同様の動きを行いました。 )

 

それから 少しだけ 前屈の姿勢。
踵が自分に近い状態と、 少し前に出した状態で 行いました。
ヨガのクラスじゃないので、体操・ストレッチに近い内容です。
ご自分の可動域で動いていただき、決して無理はさせません

現在は どこにも不調の無い方ですが
関節の可動域は意識して、将来に備えておきたいなと思っています。

その後は下半身の筋トレを行い、最後に脚の骨格調整をして終了

自宅レッスンでは、パーソナルで行なっています。
あなたに合ったプログラムを作成してお待ちしています

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中