背中の張りをやっつけよう

今日は、座位での動きです。 椅子に座る、正座する、 ・・・楽なほうでリボン

1 背筋を伸ばし、腕は肩から真下に、楽に下ろしておきます。

   もちろん、仙骨の上に背骨が乗り、その延長上に頭が乗ります

   動き始めても その状態を保ちます。

   首のストレッチにならないように 背骨の延長線上を保ってくださいね。

   また、胸骨 の動きも感じ取ってみましょう。(手を当ててみるとわかりますよ。)

   痛み、違和感の無い範囲で、腹筋などはおとなしくさせて行います。

指 頭が右の肩を追いかけるように、右へ傾けたり戻したりします。

   左のお尻が浮かないように 体重は残しておきましょう。

   背骨と肋骨を動かす感覚で行います。

   (おそらく、左の肋骨は骨の間隔が広がり、背骨は右方向に傾いてているはず。)

指 次は左の方向に傾けたり、戻したりしましょう。

   今度は右のお尻が浮かないように、体重を残します。

   背骨と肋骨を動かす感覚で行います。

   (おそらく、右の肋骨は骨の間隔が広がり、背骨は左方向に傾いてているはず。)

 

    これで、凝り固まった 肋骨及び、周辺の深層筋が緩んできましたよニコニコ

    さて、もう少し 緩めましょう・・・ 

 

2 背筋を伸ばし、両腕を 後頭部で組みましょう。

   肘はきつくない範囲で後方へ・・・(肩甲骨を動かしたいのょ)

   身体の軸、を保ちながら、次の動きをしましょう。腹筋、背筋はおとなしくさせて行います

   もちろん、背筋はきちんと伸ばしてね。(仙骨の上に背骨が乗り、その延長上に頭が乗ります。)

指 頭の方向から右へ捻り、骨盤方向から戻っていきます。

   骨の一つ一つが動くようなイメージで、ゆっくりと 痛みがない範囲で動きます。

   捻るときと戻るときのスピードは同じにしてくださいね。

指 次は左への捻りを行います。上から捻り、下から戻るのは同じです。

   両腕を上げた状態での動きはきついので、右と左のをやる間に休憩を挟むと楽になります音譜

   (動きが変わるたびに休憩を入れても構いません)   

指 次は 左右に捻ったり戻したりします。

   このとき、捻る状態に左右で差があれば、小さな動きに合わせてやってみましょう。

   また、途中で動きのぎこちない部分が出てきたりするので

   そこだけを何度もやってみるというやり方もあります。

   

これらの動きを 骨格に意識を向けて行うと どの辺りの動きが鈍いのか?と分かります。

 

この時点(すでに、違和感がある)で、アウターマッスル(外側の筋肉)を無理やり伸ばすと

筋繊維が壊れてしまう可能性もあるので、

まずは小さな動きで深層筋を緩めてから 次のステップに移行されることをオススメします。 

ストレッチの為の準備にもいいですね。

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中