ストリームライン

ストリームライン って知ってますか?

 

水の中で 抵抗を少なくするための姿勢です。

 

北島康介選手が 大変綺麗なストリームラインを取られます。

 

だから、あれだけ少ないストロークで スイスイと進むんですよねゴーグル

 

 

数回に分けて 写真入りで解説をしていこうと思うのですが まずはお断りを・・・

 

家の中で 床に横になっての撮影をしたので 完璧なお手本とは言えません。

 

水中撮影 出来ないもので・・・ガクリ 手作り感 満載ですsei

 

 

泳ぐスタートから 泳ぎ始めるまでの動きを解説します

 

 

スタートの時は 手は形を作らずに、まず軽く潜ります。

 

(潜るために いったんジャンプしてそのまま下に・・・という方法はやりやすいかも)

 

膝を90度ほど曲げたら 体幹を水中で底に対して平行にして 準備します。

 

(蹴りだすための準備として 膝は曲げておいてください。)

 

それから 上半身を写真のような形に持って行きます。

 

(左の写真は 若干姿勢が悪いです 少し反り気味かな・・・)

 

無理なく動き改善♪

 

 

キャハハ手順チップとデール チップ

 

ピングー しっかりと耳の横 または後ろから腕を(肘から)伸ばす。

 

ピングー 両手を重ねる(これはスタート及びターン直後のみ) 上側の手の親指で下の手を軽く掴みロックする。

 

ピングー あごを引いて両腕で若干頭を固定して 頭がぶれないように気を付ける

 

 

そして、曲げた膝のバネを使って プールサイドの+マークのあたりを思い切り蹴ってスタートします。

 

最初 身体は水中にあり、滑らかに水面に上がって来ます。

 

 

 

注注意点危険

 

キケン あごを上げてしまうと 足が沈んで まともに浮きません。

 

キケン 無駄に力むと お腹が出っ張ったようになり そこから沈んでしまいます。

 

対策右矢印猫背を意識してみると いい感じ♪ になる確率が高い。

 

キケン なかなか浮き上がれない、深く潜りすぎる場合は、指先を少し上に向ける

カテゴリー: La Santē パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中