クロールのキック 基礎

私は小学生には基本のみ教えるようにしています。

最初からアレンジしたものだと・・・後々その技は邪魔になります。

まずは基本ありき・・・です。
t02200239_0460049910546930787

最初は形を覚えるためにプールサイドに座らせます。

自宅での練習なら 1足を投げ出して床に座るか、椅子に浅く腰かけます。

若しくは、2立った状態で、片方の手で壁やバーに掴まりながら片方ずつ練習します。

キャハハ手順Qooooo

ピングー つま先を向こうに倒して(足首を伸ばし)、足がひとつの棒のようになるようにします。

ピングー 少し内股気味にして、膝を曲げずに、親指同士がすれるように蹴ります。

同じリズムで行えるようになりましょう。

※ 『膝を曲げずに』とは言うものの、実は水圧に負けて曲がるのです。

その程度の撓るような曲がり方が理想です。

最初に『膝を曲げてもいいよ』と言ってしまうと、足が伸びきらずに沈む可能性大です。

注注意点

キケン 足首が曲がった状態で右上の写真のようになっていると進みませんガクリ

キケン 蹴りだすときは 膝ではなく足の付け根から蹴りだしましょう

ヒミツサッカーボールを蹴るようなイメージで 前に蹴るだけでなく、後ろにも若干引きます。

綺麗な形が身に付くまでは大きな動作をやっていきます。

その後、足の振り幅を修正していったほうがいいでしょう。

 

カテゴリー: La Santē パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中