クロールの手の掻き方

さて、今回はプル(手の掻き方)編 です。 キックと同様 小学生に小手先の技術は教えません。

 

t02200191_0460040010555858366

最初 立った状態で 形を覚えてもらい、泳ぎにつなげます。

 

写真は床の上で取ったものなので、若干 理想と離れている場合があります

 

キャハハ手順Qooooo

 

ピングー 肩幅でバンザイ をしてもらう 

 

   (スタート・ターン以外では、常に手は肩幅で、内側に入ることはない)

 

ピングー そのままの幅を維持しながら、手をぐるっと回す(水を後ろに掻いて自分が前に進むイメージ)

 

   入水の際は中指からふわっと行う。(水を叩かない)

 

   (肘を曲げると言わない=肘から引いてしまい、水を掻けないから)    

 

ピングー 交互に手を回すときに、キャッチアップで基礎作り

 

   (キャッチアップ=例:右手が帰ってくるまで、左手は掻かずに待つ)

注注意点

 

キケン 掻くたびに、手と手を重ねてはいけない(ジグザグ泳ぎに繋がります)

 

キケン 反対の手が帰ってくるまでは 次の手を掻かない。

 

キケン 手指は力まずに、軽く指を寄せた状態で泳ぐ

 

 

この時点での泳ぎは、まるでゼンマイ人形のように 大きな(無駄のある)動きですが

 

グライドを取り入れてもバランスを崩し、目的とはかけ離れてしまいます。

 

ローリングは、息継ぎを練習する際にセットで覚えたほうが効率的です。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中