関節 お大事に♪

まだまだ 朝は冷え込んでますね。
こういう時、足がつめたーいってこともありますね。

起き上がる前に 足首を回したり、曲げ伸ばししてみたり・・・
足の指をグーパーするってのは 以前にも ご紹介した
下肢の血行・循環を良くする 動きです。

さて、この写真は・・・ 立位だと、 歩く動作と同じようなことをやっています。
股関節・膝・足首 の関節が 同時に少しずつ動いているんです。
この動きに骨盤の動きが加われば・・・ほぼ、歩くような動きになります。
本来 身体の各部分が 同じくらいの動きで 協力しあって 一つの動作となりますが
例えば、ひねり 股関節が固い 足首が固い 膝が痛い・・・などの理由で
動きのバランスが崩れ、ご本人にとって 楽な動きでなくなった時に

痛くてもすぐ治るからと、お薬で痛みをごまかしていたり
本質の部分を見ずに、対処療法で楽になっていたり
原因をそのままにしていたら・・・いずれ 特定の場所にかかる負担が大きくなり
腱や筋、骨を痛めてしまい、手術が必要だと言われたり、
補助が無いと動けなくなってしまいます。
むやみに 大きな負荷で ダンベル トレーニングを始めるのも危険です。

まずは ゆっくりと小さく動いてみて、
動きの質を見てみましょう。
左右差や、楽に動いていた時との違い・・・そこが見えてきたら
原因にアプローチする 動きをやっていきます。
痛みのある場所と 原因になる場所って 違うことが多いのです骨盤

そして、時間をかけて形成された 今の動き・痛み・不調
そう簡単には 治らないものですガクリ
即効性を求めて、治療・トレーニングジプシーになる方も多いです。
1回2回で 良くなるわけないのですよ( ー`дー´)キリッ
骨格に変化をもたらすのって そう簡単じゃないですからねー
手術したって、リハビリをするんですから。
投薬もあると、毎回 そこそこの金額を投資してるはずなのに
お医者様に言われると、なんの抵抗も無く 支払うんですよね(笑)
動きとともに、思考にも柔軟性を・・・
同じトレーニングをされていても、変化に差があるのは
やはり、思考の柔軟性が関係するものと思われます。

できることなら、痛み、不調が発生する前に ご自身で考えて
ご自身に合った トレーニングで
怪我の予防・介護予防・自分で物事を判断する習慣
作ってほしいものです。

身体がスムーズに動くことで 運動することに抵抗がなくなり
結果としてダイエットに繋がる事もあります。
また、姿勢が正され、基礎代謝が向上することで 引き締まることもあります。
時折、月に2回のレッスンだけで 痩せようという方が出没しますが・・・
それだけでは無理だと 改めて お伝えいたしますshokopon

カテゴリー: 骨盤リンパ体操, La Santē タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中