形を覚えたら、あとは自分が楽なようにやればいいのよー。

無題

立位の姿勢

 

年々 ストリームラインを上手く取れない 子どもたちが増えているような気がします。
原因の一つに 立位での姿勢が悪いことが上げられます。
猫背で アゴが上がっている状態・・・ゲームのし過ぎかしら??
もちろん重心は かかと側にかかっています。

本来 理想のストリームラインはこちらですが・・・
(アゴを引く。腕は耳の横か後ろで藤を曲げずにまっすぐ・・・身体は床と平行に。)

ストリームライン

 

 

もともと 姿勢の悪い子に まっすぐという指示を出すと こんな感じになります^^;

チェックポイント

 

水中で指導をする前に 体育館でその辺をきっちり 身体で覚える指導がしたい・・・
(先生たちは 水泳=プールという認識しかありません。)

 

そんな調子なので 息継ぎも 理想はこーですが・・・

(アゴを引いたまま 軸を保ちながら 頭の回転で 口が半分水面にでる。 姿勢は崩さない。)

息継ぎ

 

 

こーなっちゃいます^^;
そして、自分の身体の動きを把握できていません。同じことを何度も言われるのはそのためです。

 

息継ぎチェックポイント

 

どんな言葉で どんな表現をしたら 伝わるのかな?
いつも 悩むところです。 ちょっとでも、泳ぎが上手になってほしいから。

推奨 丘スイマーです。 陸上でも自分の姿勢を意識してね(^^)

 

カテゴリー: La Santē, 水泳指導 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中